お知らせ

Topics

  • TOP
  • 【大阪新世界】フィルムカメラ片手に魅力再発見の旅~ディープ通り~

【大阪新世界】フィルムカメラ片手に魅力再発見の旅~ディープ通り~


通天閣のお膝元に位置し、100年以上の歴史を持つ商店街「新世界市場」

新世界の中心地に比べると、人の数は減るが

ここを通らないと見ることのできない大阪のユーモアが溢れるディープスポットである。

まず市場の入り口には明治43年創業と地元の人たちに長く愛され続ける精肉店「肉のさかもと」がある。

これぞ商店街のお肉屋さんという佇まいで、なんだか見ているだけでお腹がすくような…。

この店の新世界名物通天閣コロッケ(80円)が観光客にも大人気で、ほんのりカレー風味の味付けはどこか懐かしく、店の周りにはコロッケを買って食べている若者たちが大勢いた。
コロッケの他にも、カツサンドや串カツも1本から買えるようになっているので、観光で歩いて小腹がすいた時に立ち寄ってみるものいいかもしれない。

肉のさかもとから通天閣があるほうへ歩いていくと、昔ながらの商店街の店が並ぶ中に紛れてポップで現代風なお店を見つけた。

店の前のテーブルには煙草とお菓子が置かれ誰でも勝手に吸えるようになっていた。友達曰くこれは”フリーたばこ”というらしい。


店を覗くとTシャツや絵が壁に飾られている。ギャラリーだろうか。

初めて訪れる地で、未知の店に入るのは少し勇気がいるが気になったので入ってみることにした。どうやらここは日本では数少ないZINE(個人雑誌)ショップだそうで、店には個性溢れるZINEがたくさん並んでいた。


その横にあるキーホルダーやピンバッジ、ワッペンもどれもオリジナリティがあって可愛い。今回訪れた時は「SHEAちゃん」という名前のキャラクターの作品の展示を行っていたり小さい店内の中に、アートがぎゅっと詰まっている空間だった。


店を出てさらに歩くと、なにやら見覚えのある緑の看板が目に入る。

「ヒロコダスイッチ」看板の前には手作り感満載のピタゴラスイッチ風装置が置かれている。仕掛けをスタートさせるとあの愉快な音楽が流れ、なかなかのクオリティの高さに驚いた。後から調べると、度々テレビにも取り上げられているそうで、知る人ぞ知る観光スポットとなっていた。


もうヒロコダスイッチでインパクトは十分ではあるが、新世界市場に来たら必ず見て行ってほしいものがある。

商店主たちを題材にした面白ポスターの数々だ。


2012年11月~2013年1月の間「新世界市場ポスター展」という商店街の活性化を目的とした催しが開催された時に作成されたポスターなのだが、キャッチフレーズの笑いのセンスに圧巻である。笑いだけでなく、心も温まる。


ポスターは商店街のいたるところにあるのでぜひ注目していただきたい。

新世界市場いかがだっただろうか。ガイドブックにはのっていない、大阪の魅力を感じたい人はぜひ立ち寄ってみてほしい。


新世界市場






関西への旅行に役立つ観光情報やイベント情報を発信中!
Willows Hotelを友だち追加しておくと旅行の計画がスムーズに!
豆知識も知れるから話のネタや誘い文句にも役立ちますよ♪
↓↓まずは友だち登録へ♪↓↓

友だち追加