お知らせ

Topics

  • TOP
  • 【大阪女子旅】通天閣のお膝元ディープな街「新世界」の楽しみ方~裏路地の洋食屋編~

【大阪女子旅】通天閣のお膝元ディープな街「新世界」の楽しみ方~裏路地の洋食屋編~

迷うなら、ソース香る方へ

新世界での旅もいよいよ終わりが近づいてきました。

Willows Hotelにて日本の文化を気軽に堪能しながらも、日本人である以上忘れてはいけない心をもう一度深く味わったところで最後のお出かけに向けて準備をしましょう。

洋服も着替えて、お色直しもした所で夜の新世界へと最後のお出かけです。

夏はやはり昼が長いせいか、夕食の時間帯になってもまだ少し空が明るく感じます。

「今日一日あっという間に終わるね。」と新世界の旅を名残惜しんでくれるかのように、寂しげな声と言葉で2人は会話をしていると最後のお店に到着致しました。


場所は少し入り組んだ路地裏にあります。
そこは見るからに歴史溢れるお店であること間違いない雰囲気を醸し出していて、そして何やらソースの匂いでしょうか。


良い匂いが漂って来ています。
そのお店こそ老舗洋食の有名店。
「グリル梵」です。

                    
このお店は数々のテレビ番組でも紹介されるほどのお店で、名物「ヘレビフカツサンド」は一度テレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

いざ店内へ入ると、やはり間違いありませんでした。

アンティークな店内には、数多くの有名人の方のサインがズラッと。


言わずとも名店であることに2人も「どんな料理を食べれるのかな。」と期待と興奮を隠しきれません。

ドキドキしながら待っていると、やってきました。ワンプレートに少しのサラダとマカロニ。そして真ん中には本日のメインディッシュ。

こちらが名物「ヘレカツカレー煮込み」です。


ヘレのカツにしっかりとまとわりつくカレーのルーが2人の食欲を沸き立てます。

早く食べたい気持ちをグッと抑えながら、いただきますは忘れずに。

いざカツの断面を見てみると。
まぁなんてセクシーな色をしてるのやら。
薄紅色したお肉にトロミのあるカレーのルー。
口に運んだ瞬間に、お肉の旨味が口一杯に広がりながらルーの深いコクと香りが鼻から抜けて、これ以上ない一級品の味わい。

2人も思わず「幸せ。」とひとこと。

箸を休めると言う言葉をこの時だけは忘れさせて下さい。

セットでつけたライスがもう止まらないのです。
もちろん会話も忘れて、あっという間にご馳走様でした。

「美味しすぎてペロッと食べちゃったね。」と口に残る旨味の余韻に浸りながらお店を後にし、Willows Hotelへと無事到着。


朝から夜まで思う存分満喫したご様子のおふたり。新世界の旅はどうでしたか?と言う質問には「良い意味で時間にとらわれない街だからこそ、ありのままの自分で思いっきり楽しめた気がします。

気付いたらもう旅も終わりだから寂しいですね。」と言葉を残してくれました。

今回出来ないからこそ、また次に来たくなる理由になる。

そんなクセになる街、新世界。是非ご堪能ください。


本日ご紹介させて頂いたお店の詳細はこちら。
グリル梵 新世界本店
営業時間 
月〜日曜日 12:00〜14:00 17:00〜19:30
〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目17−17


Willows Hotelでは、ここグリル梵を含む新世界の老舗飲食店11店舗から選べるオリジナル食事券付プランを取り扱い中。
Willows Hotelを通して、あなたのまだ知らない新世界の魅力に出会うことができます。

詳細はこちら⇒[Willows × SHINSEKAI] 11店舗の老舗飲食店から選べるお食事券付宿泊プラン