お知らせ

Topics

  • TOP
  • 【大阪女子旅】通天閣のお膝元ディープな街「新世界」の楽しみ方~YOLO BASE編~

【大阪女子旅】通天閣のお膝元ディープな街「新世界」の楽しみ方~YOLO BASE編~


新世界でフェス?クラブ?イベント?

新世界の山頂を目指すには、まずベースキャンプへ。
お腹も満たされ心も満たされ。
再び新世界の街へお出かけの2人。
しかし今回は少し新世界を外れた「新」しい世界へご案内致しましょう。
場所は2022年4月22日にオープンしたたてのホテル、星野リゾートすぐ近く。
歩いていると一際目立つ大きな建物が。
そうそこが今回ご紹介する「YOLO BASE」です。


このお店、実は凄く面白いコンセプトがあるんです。
まず名前の由来として「YOLO」は、とある言葉の頭文字を合わせてできた言葉で、「you only live once」=「人生は一度きり」と言う言葉からできています。
そして「YOLO BASE」にはこんな熱い思いが込められているんです。
山登りには必ずベースキャンプが存在していて、新しい挑戦は必ずベースキャンプからスタートして、リスタートするときもベースキャンプに戻ってくる。
山頂までの休息や情報、資材の調達。
そして腹ごしらえ。
まだ行ったことがない山頂にチャレンジするためにベースキャンプは必ず必要になってくるのだ。
また海外で働くということは、山登りに似ている。 新しい街での情報収集や、初めての宿。
そこで出会う仲間たちなど、そんな挑戦者たちを暖かく迎え入れるのが「YOLO BASE」であり、少子高齢化や労働力不足に悩む日本には、多くの外国人が訪れ、そんな彼ら彼女らに生きて行くための情報を提供し、腹が減れば胃袋を満たし、そしてアートを通じて身体全身で日本の文化を共に感じる。
そんな彼ら彼女らの「ベースキャンプに、YOLO BASEはなりたい。」と言う意味合いが。
その言葉の通り普段はカフェ、レストランとしてオープンしていて、1階のコワーキングスペースには日本人はもちろんのこと、沢山の外国の方々で賑わっています。
それ以外にも様々なイベントが行われていて外国の方々との出逢いの場にもなっています。
今回訪れた際にはチケット制によるDJイベントが行われており、店内も大繁盛。


2人も「コロナ禍で海外にはなかなか行けないけど、なんだか海外に来たみたいだね!」と音楽に合わせてテンションも最高潮に。
大好きなお酒を片手に色々な人とコミュニティを広げながら新世界を楽しむ。
これほど素敵な時間はありませんね。
確かに新世界と言う街には様々な国から観光として訪れる人も居れば、母国から日本という外国にいろいろな決意を胸に挑戦しに来る人も沢山いらっしゃいます。
そして何より、これから新世界と言う街へ思う存分楽しみに。そう。勝負をしに行く人。
そんな人たちひとりひとりの挑戦を暖かく見守ってくれるベースキャンプが、ここにはありました。新世界巡りの前の準備として是非。


本日ご紹介したお店の詳細はこちら。
YOLO BASE
営業時間 月〜金曜日 10:00〜19:00
定休日 土、日曜日
〒556-0003
大阪府大阪市浪速区恵美須西3丁目13−24